NO IMAGE

【徹底解剖】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の魅力がわかる 世界最高峰の楽団の歴史や特徴を解説

#ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 #ウィーンフィル #wienerphilharmoniker #厳選クラシックちゃんねる

▼おすすめ名盤
①カール・ベーム指揮 ブルックナー 交響曲第8番(1976年)
https://amzn.to/3wlnB2U
※動画内で紹介した1974年5月26日のコンサート音源のCDは見つかりませんでした。しかし、1976年も名演です。
②ブルーノ・ワルター指揮 マーラー 交響曲第9番(1938年)
https://amzn.to/3wo4Prz
③クレメンス・クラウス指揮 シュトラウス・ファミリー ワルツ・ポルカ集(1950~1952年)
第一集:https://amzn.to/3o2jvJs
第二集:https://amzn.to/3kbNoG0

▼お詫びと訂正
以下のとおり訂正・補足しお詫びします。
・オーケストラのピッチは440Hzと紹介していますが、現在は442Hzであわせているオーケストラも多いそうです。

▼目次
0:00 オープニング
0:59 ウィーンフィルの成り立ち
2:59 ウィーンフィルってどんな楽団?
4:42 ウィーンフィルはメンバーになるのが超難関
6:14 ウィーンフィルは意識高い超エリート国家公務員
7:29 ウィーンフィルは常任指揮者をもたない
9:22 ウィーンフィルは楽器やホールにもこだわる
10:52 ウィーンフィルはコンサートチケットが入手困難
15:20 ウィーンフィルのコンサートに行ってきた
16:41 ウィーンフィルのおすすめ名盤
19:34 最後に

▼メンバーシップはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCKCSbSJtNTo9r-HMEwvIc4w/join

▼ご視聴のみなさまへ
・この動画は、音楽の専門家ではない人間が、クラシック音楽の興味関心の入口になるべく、エンターテインメントの目的で制作しています。この動画でご紹介した内容を学術的な目的等でご利用になる場合は自己責任でお願いいたします。
・この動画では、ご紹介する解釈や鑑賞等において、各種参考文献や過去受けた音楽教育に基づいた、私個人の主観的な意見で構成しています。そのため複数の学説や、重要とされる楽曲・事実等を、すべて網羅的に言及するものではありません。また、この動画で紹介している学説・楽曲等が一般見解と異なる可能性もあります。基本的に「諸説あり」です。
・事実確認には十分留意しておりますが、事実情報の誤りや、誤解を与える表現がある場合、概要欄もしくはコメント欄等にて訂正・お詫びします。

▼チャンネル登録はこちら【厳選クラシックちゃんねる】
https://www.youtube.com/channel/UCKCSbSJtNTo9r-HMEwvIc4w/featured?disable_polymer=1

▼サブチャンネル【非・厳選クラシックちゃんねる】
https://www.youtube.com/channel/UCx4-nmI0jbYeCt1_8eFamwQ

▼Twitter
https://twitter.com/selectedclassic

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG