冴えない中年バイオリニストといたずら盛りの子ども達。目標は、スタンディングオベーション!/映画『オーケストラ・クラス』予告編

フランスで 2,000 人以上が体験した実在の音楽教育プロジェクト「Démos(デ モス)」。音楽に触れる機会の少ない子供たちに、無料で楽器を贈呈しプロの音楽家が音楽の技術と素晴しさを教えるこのプロジェクトにインスピレーションを得て描かれた本作『オーケストラ・クラス』。『コーラス』など音楽映画の名 プロデューサー、ニコラ・モヴェルネが製作し、パリ管弦楽団の本拠地として知られる大規模コンサートホール「フィルハーモニー・ド・パリ」の全面協力を得て、感動のヒューマンドラマが誕生。

妻と離婚して失意の彼は、ある日、パリ労働者階級地区のスクールでオーケストラのコーチの仕事を見つける。任期は一年後に開かれる夢の舞台-フィルハーモニー・ド・パリでの演奏会まで。音楽家として行き詰まったシモンは、気難しく子供が苦手な上に6年生の生徒たちは楽器に触れたこともなく、いたずら盛りで集中力が30秒も続かない…そんな彼らに音楽を教えるのは至難の業で、シモンはたちまち自信を喪失してしまう。しかし、バイオリンの才能を持った少年アーノルドをはじめ、感受性豊かな子供たちは音楽の魅力に気づき、演奏することに夢中になっていく。ときには、練習中に喧嘩になったり、他校との合同練習で赤っ恥をかいたり、失敗や経験を重ねながら音楽をとおして少しずつ成長していく子供たち。そんな彼らに向き合うことで、シモンもまた音楽の喜びを取り戻していく。最終目標の“スタンディングオベーション”を目指して、シモンの人生も再び動き出す…!

今回の予告編で印象的な、住宅街の屋上での子供たちの練習シーン。
開放感と美しい景観の中、パリの空にメロディが響きだす。

blank
最新情報をチェックしよう!
    >
    CTR IMG