1バルカン室内管弦楽団は、2007年日本人指揮者柳澤寿男によってバルカン半島の民族共栄を願って設立された室内管弦楽団。 2009年5月には、バルカン半島の民族対立の象徴の地のひとつでもあるコソボ北部ミトロビッツァにおいてコンサートを実現。 UNDP国連開発計画、ABD特定対象地域プログラム、UNKT国連コソボチーム、KFOR国際安全保障部隊、コソボ警察などの協力のもと開かれた歴史的なコンサートは、紛争前後を含め約20年ぶりともなるセルビア人とアルバニア人音楽家の共演となり大きな話題となった。 2010年9月、ニューヨーク国連総会に伴うイベント「バルカン・リーダーズ・サミット2010」に招かれ、バルカン各国大統領、首相をまえに演奏を披露した。

楽団員にはこれまでに、セルビア人、アルバニア人、マケドニア人、ボスニア人、ギリシャ人、スロベニア人、ブルガリア人、ルーマニア人、トルコ人が参加しており、 旧ユーゴスラビア崩壊後の断絶された文化圏の貴重な橋渡しともなっている。 現在では年に2回の公演を行っており、2011年5月には、ウィーン公演が予定されている。 いかなる国にも本拠地を置かないバルカン室内管弦楽団は、音楽が共通の言語、共通の感覚として人々の心を繋いでいくことを強く願っている。

【バルカン室内管弦楽団の活動】
◆2007年
5月 バルカン室内管弦楽団設立
6月 バルカン室内管弦楽団スコピエ公演(マケドニア共和国)

◆2008年
6月 バルカン室内管弦楽団プリシュティナ公演(コソボ共和国)
Presented by 国際交流基金、セゾン文化財団

◆2009年
5月 バルカン室内管弦楽団ミトロビッツァ公演(コソボ共和国)
5月 バルカン室内管弦楽団ズベチャン公演(コソボ共和国)
Presented by 国際交流基金、国連開発計画、特定地域対象プログラム
※ミトロビッツァ・ズベチャン公演はテレビ東京系BSジャパン「戦場に音楽の架け橋を」で放送。
*テレビ東京系BSジャパン「戦場に音楽の架け橋を~指揮者柳澤寿男コソボの挑戦」は2010年11月に第6回日本放送文化大賞グランプリを受賞しました。
11月 バルカン室内管弦楽団東京公演(日本国)

Presented by 国際交流基金、東京杉並ロータリークラブ、東京城西ロータリークラブ、東京西南ロータリークラブ、外務省
※東京公演はNHK総合テレビ「NHKニュース・おはよう日本」、NHK BS1テレビ「和解へのハーモニー」で放送。
*東京公演ではヴァイオリニスト漆原啓子さん、ピアニスト吉村美華子さんとの共演、また作曲家三枝成彰さんの委嘱作品「弦楽のためのレクイエム~バルカン室内管弦楽団のために」を演奏しました。

◆2010年
5月 バルカン室内管弦楽団サラエボ公演(ボスニア=ヘルツェゴビナ共和国)
Presented by 国際交流基金、在ボスニア=ヘルツェゴビナ日本国大使館、東京杉並ロータリークラブ、日本たばこ産業インターナショナル
※サラエボ公演はNHK BS1テレビ「響け、紛争の記憶を越えて」で放送。

9月 バルカン室内管弦楽団NYバルカン・リーダーズ・サミット参加(アメリカ合衆国)
9月 バルカン室内管弦楽団ニューヨーク公演(アメリカ合衆国)
Presented by ニューヨーク・バルカンアメリカン協会、ニューヨーク人間の安全保障協会
※ニューヨーク「バルカン・リーダーズ・サミット」での演奏の様子はTBSテレビ「JNNニュース」で放送。
*「バルカン・リーダーズ・サミット」ではバルカン各国の大統領・首相をまえに演奏しました。

●2011年
5月 バルカン室内管弦楽団ウィーン公演(オーストリア共和国)予定

http://www.marscompany-balkan.com/

blank
最新情報をチェックしよう!
    >
    CTR IMG